土俵際踏ん張った30代の歴史

私はまもなく40歳を迎えようとしている。自分でいうのもなんだがこの10年は常に薄毛との闘いの思い出が寄り添う10年となった。今は一進一退を繰り返しながら、時に我が国特有の四季を頭皮で感じ(夏の終わり〜初秋あたりは生え替わりで枯葉地帯になる)、日本人でよかったと殊更思ったものだ。ヘアージュを購入

30歳を迎えたばかりの10年前、三面鏡の不意打ちで驚かされたあの日、強い敗北感を覚えた。プロペシア処方をお願いしに行った美容皮膚科の受付が綺麗揃いで僕の心と頭皮はますます荒んでまたも敗北感。一月後に追加で処方しに行った時の受付や道行く人がクスクス笑ってる幻聴が聞こえ始めて2連敗。

少しでもルックス向上を図ろうと筋トレに注力してみたものの、男性ホルモン分泌の活発化により頭皮が悪化して3連敗。プロ野球でいう3タテで手も足も出ない状況の中、もう僕の心は限界寸前だった。

そこで一心不乱に注力したのがタンパク質の意識的な摂取(黒豆・カキ等の貝類・卵など)・野菜生活(血流良化)等でとにかく食生活を徹底的に見直し、亜鉛サプリで補いつつ、ノンシリコンシャンプーで健全な頭皮を保ち、22〜2時のゴールデンタイムでなるだけ睡眠を取る生活だ。今も全て継続しており、且つドライヤーでのブローもプロ並みに上達したのでなんとか誤魔化すことはできている。

あと2ヶ月で40歳。ここまできてとっ散らかる訳にはいかない。家に帰るまでが遠足だ。最後まで慢心せず、この10年に花を添えるべく、突き進むつもりだ。

髪に結び癖がついてしまった

子供の頃は髪がサラサラのストレートで天使の輪っかが出来ているほどだったのですが、大人になってからは何故か癖っ毛になってしまいました。トリートメントを変えてみたり、ヘアパックをしてみたりしましたが、何をしても直りません。いっそのこと髪を短く切ろうと思い、美容院に行くと美容師さんに「髪が結べなくなるけどいいんですか?」と聞かれ、とても驚きました。髪を切りにきたわけですから当然、その時は髪を結んではおらず、入店する時も髪を下ろしていたからです。

ヘアージュの口コミ

「どうして普段は髪を結んでいるとわかったんですか?」と聞くと「結びぐせがついていたので」と言われました。その時はそうなんだとしか思わなかったのですが、後で結び癖について調べてみると、癖っ毛の原因になることがあると書いてありました。

短髪にしていれば髪を結ぶ必要はないから癖っ毛ともお別れだと思っていたのですが、仕事が忙しくて定期的に髪を切りにいくことができず結局、髪は長いままになっています。飲食の仕事についているため髪を帽子で覆わなければならず、結ばないという事も出来ない。ゴムを太いものに変えたり、髪をよく乾かしたりと気を使ってはいるのですが、未だ癖っ毛のままです。