熊の毛と言われた私の髪質

中学生の頃、友達に唐突に「熊の毛のように硬い髪質だね」と言われました。

私は全くそんなことを思っておらず、むしろサラサラで柔らかい髪質だと思っていました。

かなり仲のいい友人だったので、傷つくことはなかったのですが

心に何かが引っかかってしまいました。

私の美容意識が高まりだしたのは、そこからだったと思います。

私が住んでいたのは見渡す限り田んぼがある田舎。

美容院なんて、めったに行くことができません。

また、シャンプーやトリートメントではなく

親が使っていたどこのメーカーかわからない

リンスインシャンプーを使っていました。

http://www.lovelympls.com/

私はネットで口コミのいいシャンプーとコンディショナーを探し近所のドラックストアで購入。

早速使ってみたのですが髪質と合わずゴワゴワしてしまいました。

当時、お試しで使える個包装のものを知らずに

まるまる本体を購入してしまった私は、母に事情を説明し

どうにか母にそのシャンプーを使ってもらうことにしました。

また別の日、ドラックストアで偶然目にしたシャンプーをコンディショナーがどうしても欲しくなり母を説得し買ってもらいました。

CMでは見たことがなくどこのメーカーかもわからない、綺麗な青色をしたパッケージでした。

その夜、早速使ってみるとゴワゴワしていた髪の毛がするんと指どおりなめらかに変身しました。髪の毛を乾かすときれいな艶が現れサラサラになっていまた。

嬉しくて嬉しくて、母に伝えると

母も喜んでくれました。

翌日、学校へ行き友達に報告すると驚いてくれたのをよく覚えています。

私が剛毛だということも、きちんと自分にあうシャンプーとコンディショナーを使うたいせつさも、すべて友達が教えてくれたことだと思います。

当時は少しだけ、酷いことを言われたと感じましたが今では感謝しています。