ランニングで「ダイエット」をする前に押さえるべきこと

多くの人がランニングをしている理由を「ダイエット」と答えます。
ランニングはシューズさえあれば「手っ取り早く出来る感」があるので、すぐに始められるのはいいことですが、走り始める前に一度立ち止まって考えてみましょう。「自分は走る準備が整っている身体なのか?」

パエンナキュットは販売店で購入可能?店舗での市販状況や私の口コミ評価を紹介します!

「減量だけがダイエットのモチベーションになっていないか?」
ランニングを取り入れたダイエットは継続することで成果が出てきます。
これからダイエットのためにランニングを始めようと思っている方は是非お読みください!

ダイエット = これまでの習慣を変えること!
今の身体は、これまで食べた物や生活習慣の上に成り立っています。
ダイエットのために「走ろう!」と決めた方は、その習慣を変えようと一念発起された方ですよね!
確かに新しい刺激を取り入れることによる身体の変化は大きいです。
ランニングで呼吸回数が多くなり、酸素を取り込む量が増えるため、結果として血液の流れがよくなり顔色もよくなる。と、目に見えてわかる変化も起こります。

ただし、呼吸回数が多くなるということは、同時に多くの酸素を身体中にたくさん送る必要があるため、心拍数が通常よりも上昇し、心臓や血管に負担をかけることになります。まず確認して欲しいのは、自分の身体は
「健康体」なのか?です。人間は身体の急激な変化に弱い生き物です。
これまでの習慣を変えることは、心身共に負担をかけることになります。
ランニングを取り入れると同時に、「いつも使う駅の1つ前の駅で降りて歩く」「エスカレーターを使わず階段をる」
など、ランニングをしている状態と普段の生活の差を小さくしながら少しずつ変化をさせて習慣を変えていきましょう!