長男が中学時に不登校になり、3年間引きこもりました

 私の子育てで苦労した体験は長男の不登校です。長男の上には5歳違いの長女がいますが、長女の子育てに比べると、長男は幼少時から育てにくい息子でした。性格の特徴は既に2歳の時にはかなり強く表れていました。

 息子は頑固な性格で一度言い出したら曲げない強固な頑固さで、息子の異常な頑固さに悩まされることが多々ありました。それでも、息子は中学1年生までは特に学校でも問題がなく、友人も多くて明るい性格でした。

プラステンアップα

 しかし、中1の3学期に引っ越しのために転校をした時から徐々に不登校になっていきました。担任の先生やクラスメートが家を訪問して登校を促してくれても、全く効果がない状態で、不登校の原因をいくら聞いても答えませんでした。

 担任の先生はいじめ問題もないと言っていましたし、クラスメートの情報からもいじめはないと思いたいのですが、結局は分からないまま、ズルズルト不登校が続きました。それでも、週に数回は通うことがありました。その際は、私は息子の行動を遠くから見守る形で、学校へ行けた日は良かったと心の中で喜んでいました。
 そして、高校受験の3者懇談には息子は参加しましたが、自分が希望する高校を担当の教師から難しいと言われてから、一切学校へ行かなくなりました。
 そして、様々な紆余曲折がありましたが、3年遅れて高校を受験し、その後は専門学校へ入学して、今は1人暮らしをしながら7年間病院で勤務をして、自立することができました。

中間反抗期に困っています。

現在、小学2年生の男の子を育てている専業主婦です。1歳の弟もいるので、なかなか相手にしてあげられないのも悪いのですが、最近すごく反抗的な態度が目についてしまい、毎日喧嘩ばかりです。ネットなどで調べてみると「ギャングエイジ」という中間反抗期の時期に入っているそうで、家族より友人の方が大切になってきたり、親の言うことを聞かなくなる時期だと。

プラステンアップαの通販最安値は?私の口コミや実際の効果をこっそりご報告!

今まですごく優しい性格だったので、急な変化に戸惑う日々です。毎日同じことで怒られていたり、学校でも問題になる行動が多くなり、この先がすごく不安なのですが、これも母親の宿命だと思い、前向きに向き合ってみることにしました。まずはすぐに怒らないこと。なぜそんなことをしたのか話を聞くところから始めてみることにしました。その時点ですでに機嫌が悪く、話にならない時もありますが、こればかりは親である私が我慢するべきなんだろうなと思っています。

親身になって話を聞いてあげることにしました。そしてどうしたらいいのかをきちんと教えてあげること。間違ったやり方をそのまま放っておいては、まともな大人にはなりませんよね。こうしてみようか、と方法を差し伸べてあげると、その場ではあまり納得していなくてもいざという時に私の言葉を思い出してくれるかもしれません。子育ては忍耐だなと最近すごく実感しています。