肌のくすみとシミを何とかしたいと奮闘中

子どもを産み、なんとなく忙しさにかまけていたある日、ふと鏡を見ると疲れた顔の私がいました。
肌の色がなんとなくくすんでいて元気がないように見えます。また、ずいぶん年齢を重ねたおばさんのようにも見え、少し落ち込みました。
そして、もしかしたらどこか具合が悪いのかもと、一瞬戸惑いました。

ちゅらかなさ

でも、とくに不調は感じられません。
どういうことかなぁと思いながら、鏡に映った自分の肌をよく見ると、悪いのは肌の色だけでなくシミも増えているようです。
肌の色が悪く具合が悪いように見えるのは、肌の調子が整っていないせいかもしれないと疑いました。

試しに、試供品でいただいた高価なクリームを付けてみたところ、肌の色が艶がかった桜色になったように見え、茶色いシミもなんとなく薄くなったように感じます。
クリームは手でつけたので、指に付いたクリームの残りを手の甲に広げておいたところ、手の甲も色白でハリのある肌になっています。
このことから、私の顔は水分不足による肌のくすみとシミの影響で、肌の色が悪くなっていたのかもしれないと思いました。

そこで、肌にたっぷりの化粧水で保湿することにしたのです。
化粧水で水分を補給したら、すぐに乳液、クリームをたっぷり顔にのせて、蓋をします。
本当は、試供品と同じくらい効果で優れた化粧品が良いのでしょうけど、なかなか手が出る商品ではありませんので、家にある化粧品をたっぷり使用することで手を打ちました。

そして、何日が続けていると、肌に水分が補充され維持できるようになったのか、肌のくすみやシミが気にならなくなってきました。
同時に毛穴の開きやたるみも気にならなくなっていったのです。
ハリも出てきたせいか、少し顔も引き締まって見えるようになり、嬉しい結果となりました。
キチンとスキンケアをして、肌を保湿することで、肌の悩みを減らすことができることが分かりました。

肌の色が綺麗でハリがあると、見た目の雰囲気も明るく若々しく見えて心もウキウキしてきます。
今後もこの状態を維持できるよう、スキンケアを欠かさないようにお手入れしていきたいと思います。