犬を飼うのは楽しい生活が送れるのか?

犬を飼うのはとても楽しいことがあると思いますし、小学生の時で考えてみたら、自分が小学生の時で考えてみたらクラスでペットを飼っている人間は3人に1人位はいたのではないかと思います。

つまり大体いたのではないかと思いますし、自分が買っていなくても兄や姉が買っていたとか、親が飼っていたとか

毎日楽しい生活が送れるのではないかと思います。

「ペットの歴史を見ていくと」

太古のペットは、野生動物を捕獲したものである。人間が太古からペットを飼っていた証拠は、いずれの大陸からも発見される。最古の痕跡は、3万前の石器時代の遺跡にあるホラアナグマの飼育跡(洞窟の檻)である。

特にイヌの場合は、はっきりした主従関係を好む習性から、家族の一員として扱われた歴史が長いとされる。石器時代におけるイヌの墳墓(埋葬に際して添えられたと見られる花の花粉が見られたり、なんらかの食料の残骸が一緒に発見されるなどの特徴も見られる)も発見されている。

その一方で、所有物という概念もあったようで、殉死によって飼い主と共に埋葬されたと思われるケースも見られる。欧米では、古来から現代まで王侯貴族や歴代大統領から一般市民の間で愛玩用、護衛用、狩猟用などとして飼われている。イングランド王ジェームズ2世や米大統領クーリッジなど多数の愛犬家がいる。

日本の2010年(平成22年)における飼育ペットの割合は、犬59%、猫31%、魚類19%、鳥類6%(複数回答)である。